行政書士事務所CS

宅建業免許の維持管理(更新・変更届)について【大阪市・宅建業】

お問い合わせはこちら 併設の不動産会社HPへ

宅建業免許の維持管理(更新・変更届)について【大阪市・宅建業】

宅建業免許の維持管理(更新・変更届)について【大阪市・宅建業】

2022/05/20

宅建業免許の維持管理(更新・変更届)について

 

(1)新規申請

新規申請については、リンク先の記事を参考にしてください。

( https://gyosei-cs.com/blog/detail/20210830171053/ )

 

(2)更新申請

宅建業免許の有効期間は、免許のあった日から5年目の免許があった日に相当する日の前日までです。有効期間の満了日が休祝日であっても、その日が許可の満了日となります。
許可の更新申請は、期間満了日の90日前から提出可能です。許可を更新する場合は、期間満了日の30日前までに申請してください。

 

(3)変更届(30日以内)

宅建業者は、免許を受けた後、免許申請書に記載した次の事項に変更があった場合、変更後30日以内に変更届(宅地建物取引業者名簿登載事項変更届出書)を提出する必要があります。

 

①商号又は名称に変更があったとき

②本店・支店の名称に変更があったとき

③本店・支店に住居表示の実施があったとき

④本店・支店の新設・移転(号室変更・増改築含む)があったとき
⑤新たに法人の役員等の就任・退任があったとき
⑤役員等の氏名等に変更があるとき

⑥政令使用人の就任・退任があったとき

⑦政令使用人の氏名等があったとき

⑧専任の宅地建物取引士の増員・減員があったとき

⑨営業保証金の変更があったとき

⑩免許証の亡失等があったとき

⑪廃業した場合

 

【変更届の留意点】
・届出の「手数料」は不要です(免許証書換交付申請は手数料500円)。
・本店所在地の変更、商号・名称の変更、代表者の変更の場合は、「免許証書換交付申請書」を併せて提出する必要があります。
・新規免許申請中の変更は受付できません。免許取得日以降に登録内容を変更するか、申請を取り下げし、変更後の内容で再申請します。
・変更届で欠格事由が判明した場合は、現行免許が取り消される場合があります。
・事務所の電話番号のみの変更の場合には、届出書を提出する必要がなく口頭等による連絡で足ります。

 

(4)参考URL(大阪府)

( https://www.pref.osaka.lg.jp/kenshin/takuchitatemonotorih/ )

 

会社、財団・社団法人、NPO法人等の「法人設立」、許可・認可・免許・登録等の「許認可や届出」、補助金、給付金・協力金等の「相談、交付申請書類の作成や申請サポート」、経営に関する相談、経営戦略の立案・策定支援、経営計画の策定・実行支援、経営顧問等の「経営支援(コンサルティング)」、その他各種書類作成(相続や交通事故等)などでお困りでしたら「大阪市の行政書士事務所CS」まで、御相談をよろしくお願い申し上げます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。