行政書士事務所CS

戦略とは

お問い合わせはこちら 併設の不動産会社HPへ

戦略とは【大阪市・行政書士】

戦略とは【大阪市・行政書士】

2021/10/01

戦略とは

戦略とはどのように定義されるのでしょうか。

チャンドラーは戦略を「長期的な視野で企業の目的と目標を達成すること。および、その目的達成のための行動の選択と資源配分」と定義しました。

ミンツバーグは、戦略を「目標を達成するためのPlan、過去の成功パターンであるPatten、競争環境の中での自社の立ち位置であるPosition、事業の展望であるPerspective、競争相手を出し抜く策略であるPloyの5つのPを包括するもの」と定義しています。

また、ポーターは戦略を「自社と他社を差別化するもの」と定義しています。

そして、アンゾフは戦略を「部分的無知の状況下での意思決定のためのルール」と定義し、意思決定とは、戦略的意思決定管理的意思決定業務的意思決定の3つに分類されるとしています。

戦略的意思決定とは、社長や経営幹部などのトップが行う意思決定で、将来どのような業種に進出するべきかなど企業全体に関わる重要な問題を対象とした非定型的な意思決定です。、

また、管理的意思決定とは、部長や課長などのミドルが行う意思決定で、トップの意思決定を受けて、最大の業績が生み出せるように経営資源を調達し配分する意思決定です。

そして、業務的意思決定とは、係長や主任クラスのロワーが行う意思決定で、企業が行っている現行の業務の収益化を最大化することを目的に行う定型的な意思決定です。

 

会社、財団・社団法人、NPO法人等の「法人設立」、許可・認可・免許・登録等の「許認可や届出」、補助金、給付金・協力金等の「相談、交付申請書類の作成や申請サポート」、経営に関する相談、経営戦略の立案・策定支援、経営計画の策定・実行支援、経営顧問等の「経営支援(コンサルティング)」、その他各種書類作成(相続や交通事故等)などでお困りでしたら「大阪市の行政書士事務所CS」まで、御相談をよろしくお願い申し上げます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。